#78『ノマド生活』

シンチャオ!

現在ノマドワーカーとしてアジアを横断しています。

オフィスはスタバではなく飛行機です。

 

f:id:MrWADA:20170702103540j:plain

 

世界基準の飛行技量と航空知識さえあれば世界中どこに行っても通用するということをMr.WADAが証明しましょう!

 

KAZUHO WADA

 

 

#77『飛行機で通勤します』

全員で勝つ為に掛け持ちで飛ぶしかない。

と腹をくくって飛び始めてから一年以上が経ち、気がつけば

横に誰が座ろうが、フライトでアーチャーに乗ろうがエアバスに乗ろうが

全く気にしなくなってました。

 

ただ体がスーパーきついので、これからは固めて滞在出来るように

コミューティングパイロットとして週ON、2週OFFの契約を結びました!

 

f:id:MrWADA:20170612002620j:plain

 

やっと2週間集中して動画を作成出来ますので、もう暫くお待ちくださいm(__)m

 

KAZUHO WADA

#76『WADAVI卒業生からのメッセージ②』

私は子供の頃からパイロットに憧れていて、夢の実現に向けてまずは日本で免許を取得し国内の航空会社に就職することを目指しておりました。しかし免許を取得してから実際に応募してみると書類選考すら通りません。それでもパイロットになることを諦めきれずに違う業界で働きながらめげずに何度も応募し続けましたが、散々な結果で焦りと不安が日々募るばかりでした。

結局のところ日本の航空業界は、パイロット不足といえど実際は経験者が足らないのであって、免許を持っていても就職出来ない候補生で溢れているのが現状かもしれません。

そこでしばらくしてから外国でパイロットになれないかという考えが芽生え始めました。
早速調べてみると東南アジアでどうやらチャンスがあるらしいというのが分かり、アメリカで再度免許を取得し履歴書を提出しましたがやはりどこも自国民を優先的に採用する為就職には至りませんでした。
その頃にWADAVIとの出会いがあり現地の免許書き換えやA320型式限定免許取得等をサポートしていただき、 今回晴れて東南アジアでエアラインパイロットとして就職することが出来ました。年齢も気がつけば40代後半に入り日本での就職はほぼ不可能でしたが、駄目元で東南アジアに飛び出したことが結果良かったと思います。念願のA320でキャリアを積むことが出来るのでMr.WADAには本当に感謝しております。
一人で就職活動する事も可能ですが、情報と人脈がなければ多大な時間と労力がかかるばかりで海外で就職するのは非常に困難だと感じました。またもし運よく就職出来たとしても路線訓練でクビになる可能性は十分あり、海外のフライトを熟知しているパイロット(Mr.WADA)にいろいろと聞けるのと聞けないのとでは全然違います。

アジア諸国を巡って感じたことは、日本人の感覚を求めるのはまず無理で日本での当たり前は一切通用しないことを受け入れなければならず、とんでもなく待たされた時もありました。ですので"郷に入っては郷に従え"の言葉通り時には諦めも肝心で、それを楽しめるぐらいにならなくてはいけないとも思います。

ただ単に悩むのでは無く、ほんの一歩を踏み出す勇気と諦めない気持ちさえあれば自ずと道は開けてくると身をもって感じました 。


"where there's a will, there's a way"

行動あるのみです。

 

WADAVI卒業生のHさんよりメッセージをいただきました。

本当に、おめでとうございます。

f:id:MrWADA:20170414130122j:plain

※動画の編集作業をコツコツ行っておりますので配信は今暫くお待ちください。

 

KAZUHO WADA

#75『自由奔放な旅番組の制作開始 ※2017年はFacebookを更新しません』

明けましておめでとうございます!

 

いきなりですが、

2017年春2017年夏からMr.WADAがGOPRO片手に世界各地を訪れる自由奔放な旅番組を皆様にお届けします。

 

自ら飛行機を操縦してフィリピンを探検したり、またフィリピンに限らずステイ先ではっちゃけます。

 

やると言い放った以上

シケた内容にするつもりはサラッサラない!そこで制作や編集に時間を割く為に今年はFacebookを更新しません。

当ブログのアクセスがお陰様で36000件を突破したのでしばらくのWADAVIの近況報告はブログ一本にします。

 

いよいよ自らの航空会社設立に向けて動き出してみます。

Mr.WADAが勝てばWADAVI卒業生の雇用先拡大に繋がるので全員で勝利する為に精進します。本年もよろしくお願いします。

 

※訓練生の皆様へ

携帯電話が壊れたのでご連絡は wadavi.winwin@gmail.com までお願いします。

 

KAZUHO WADA

CEO

f:id:MrWADA:20170119033115j:plain

#74『Mr.WADA現状維持で契約更改』

2016年も12月に突入して各球団が契約更改していますが、

Mr.WADAにとって2016年は本当にあっという間の一年でした。

 

去年の暮れに

mrwada.hatenablog.com

と言い放ってからスタートした2016年は東南アジア各地で政権交代があり思い通りに事が進まず飛んでいる時もずーーーっとフライト以外の事を考えてました。。

でも、目標の一つとして掲げていた

4番ピッチャーキャプテン兼監督のMr.WADA今シーズン全試合に出場出来た点だけは我ながらよくやったと評価したい!

2016年だけでパスポート31ページ分スタンプで埋めました。

Mr.WADA自身が本格的に航空事業を始める為に来年もこのスタイルを続行して、一つでも多くの航空会社を渡り飛んで皆様の就職先を開拓していきます。また来年はその下準備として皆様が海外に旅行したくなるような楽しい動画を配信出来ればと計画しております。

 

2017年はいよいよMr.WADAが若き日に描いた未来に挑戦する年にしたいです。

たとえ敗れたしても、

まぁどーにかなったやん!?

と遠い未来に勝利してクールに言えるようこれからも精進します。

 

KAZUHO WADA

CEO

WADAVI CORPORATION

f:id:MrWADA:20161205180040j:plain

#73『ウェブサイトリニューアル』

スタート当初から比べるとMr.WADAの行動範囲がアジア全域になり、Mr.WADA自身がかなり進化しましたのでこの度ウェブサイトをリニューアルしました。

 

http://www.wadavi.com

 

f:id:MrWADA:20161106213034j:plain

※訓練生の方が作成して下さいました。ご厚意に感謝致します。

 

WADAVI CORPORATIONはあくまで海外でエアラインパイロットになる為の一つの選択肢です。ですが日本人が人脈もなくいきなり海外の航空会社に入社してジェット機を飛ばすということはかなりハードルが高いということは知っておいてください。

 

自社飛行機であるアーチャーで飛んだ後、

夜行バスで移動して、

空港のトイレで制服に着替えてからエアバスを飛ばす

ミスターフリーダムことMr.WADA

からサポートを受けれることは

これから海外でパイロットを目指す人にとって大きなメリットになる

と信じてこれからも日々飛び続けます。

 

KAZUHO WADA

CEO

+815055320987

wadavi.winwin@gmail.com

#72『Flight Instructor Capt. Jay』

※現在ウェブサイトをリニューアルの為休止しております。フライトの間にコツコツ作業しておりますのでもう暫くお待ちください。お問い合わせ等は引き続き、

wadavi.winwin@gmail.com

までご連絡ください。

 

いっつもMr.WADAについてのみ話してますが、今回は

WADAVI専属フライトインストラクター2代目のCAPT. JAYをご紹介します。

先代はフィリピンの航空会社へ入社した為寿退社?しましたが、2代目もローカルフライトの経験が豊富なパイロットです。

WADAVI所有の訓練機材であるアーチャー3はフィリピン全土でたった1機しかなくどこの空港に行っても人気者で、

なんと先日大学の雑誌に卒業後の進路の一つとしてCAPT. JAYが取材されました。

 WADAVIの社員がインタビューされたのはCEOとして非常に嬉しいです。

 

f:id:MrWADA:20161021135018j:plain

 

セスナ152と比べたら訓練費用は高くなりますが、その分フライトの難易度も上がります。特にラダーをよく使用しなければならないので、極端に例えるなら

ドラムを手だけで演奏するか手と足を使って演奏するかくらい変わってきます。

最近WADAVIがフィリピンでも有名になりつつありフィリピン人の訓練生が増えてきていますが、日本人の訓練生ももちろん受け付けておりますのでいつでもご連絡ください。

 

KAZUHO WADA

wadavi.winwin@gmail.com